居宅介護とは、ホームヘルパーが、自宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談や助言など、生活全般にわたる援助を行います。
障害のある方の地域での生活を支えるために基本となるサービスで、利用者本人のために使われるサービスです。

対象者
障害支援区分が区分1以上(児童の場合はこれに相当する心身の状態)である方

サービス内容
入浴、排せつ、食事等の介助(身体介護)
調理、洗濯、掃除、生活必需品の買い物など(家事援助)
その他
生活等に関する相談や助言
その他生活全般にわたる援助

利用料
18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限月額があります。ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。